2年次本曳!by若い衆/プロジェクト

07/06/12(火)最後に乗った人

お木曳の陸曳は次回19年後です…

お白石持ちは遷宮の年にあるけれど、

ああやって奉曳車にご用材を積んでいるのは

もう次まで観られないのね


と思うと、やっぱり希少な機会だったんだなぁと…。



ということは

3日最終日の最終番車の出雲町の3本積みの

上に乗っていた本木遣りの人が

今回の木遣りの華のフィナーレ、大トリを飾ったわけですね。

(やっぱり私は木遣り好きなのでした)

…ということで、そこのとこをトリミングしてみました。


あのときは高くてよくみえませんでしたが

さすが、キリリとしたいい男じゃないですか?

f:id:morikao:20070612213913j:image


最後の曳きこみのとき

貯木池まで、ワン鳴りも鳴らさず

みんなで静か~に歩いていったの、

後ろからご一緒させていただきましたがヨカッタです。

木遣りの女子も、もうかなり泣いちゃってましたもんね。




帰り車も、実は見れなかったんですが

ステキだったみたいですね。

出雲町、まちの晴れ舞台。ほんまに総力結集。

それがお木曳!ですな。

とれとれ 2007/06/13 09:33 曳きこみのとき、「静かに曳かせていただいてます!」と
進行の方が言っていたので
鳴らなくなっちゃったの?と思っていたらそうでなく
「鳴らさなかった」のだそうですね。
秘伝の油でワン鳴り自由自在に操れるらしい…
かっこいい~!!

事務員A事務員A 2007/06/13 17:18 帰り車も素敵でした。木遣りの女の人たちが太鼓や笛を軽快に演奏していました。本当にお木曳きのフィナーレにふさわしいすごい躍動感!!!
噂ではわずか数ヶ月で練習したそうですが、思い切り弾けていました!それが見ている人達を感動させていました。出雲町の祭にかける情熱に拍手を送ります。

寝巻の茄子寝巻の茄子 2007/06/13 22:34 ありがとございます 本木遣りの伯母に伝えます んン~確かに 男前です がんばる人は うつくすぃ~です  がぁんばろ!っと

ゲスト



トラックバック - http://okihiki.g.hatena.ne.jp/morikao/20070612